歯周病予防・治療なら、宮崎市・上山歯科医院

メール
お悩みコーナー
お悩みコーナー
毎日の生活に欠かせない歯にはたくさんのトラブル付きものです。
代表的な悩みを掲載いたしますので、以下の症状でお悩みの方は参考にして下さい。
歯ぐきからの出血を防ぐには?
物を噛んだときや歯磨きの際に、歯ぐきから血が出る場合は、歯周病の可能性があります。

歯周病にも様々な種類や症状がありますが、歯周病の予防は歯肉(歯ぐき)をしっかりマッサージするように歯磨きをすることです。
「毎食後ちゃんと歯磨きしているから大丈夫」とお考えの方が多いようですが、実は成人の約80%が歯周病だとも言われ、歯磨きを 規則正しく行うことたけでは、歯周病の予防はできていないということです。

毎日の歯磨きでしっかりプラーク(歯垢)を落とし、歯肉(歯ぐき)をマッサージして血行を良くすることが大切です。
歯肉(歯ぐき)が赤くはれていたり、血が出ていたり、口臭が気になる場合は、歯周病予防ができていない可能性があります。
こうした場合、血が出る部分に歯ブラシの毛先を軽く当てて
小刻みに磨き、
歯肉(歯ぐき)をマッサージするように磨いてみましょう。
予防をしっかり行うことで、軽度の歯周病であれば
改善することができます。

歯周病は、個々に応じた治療・予防が必要です。
定期的に歯科検診を受けるよう心がけましょう。
▲ページトップへ戻る
口臭を防ぐには?
口腔内に住む微生物が発生させるガスと、肺から出てきた、臭気を含むガスとが混じって、口呼吸によって排出されたもののことを 口臭と言います。
口腔内には想像を超える微生物が住みついています。
本来、微生物は外部から侵入する病原菌をやっつける役割を担っていますが、その活動の結果、むし歯を作ったり、歯周病を発生 させたり、あるいは、このように口臭のもととなるガスを発生させたりしています。

その他にも、口臭には生理的な原因のものや飲食物によるもの、虫歯からくるものなど様々な原因があると言われています。
これらの口臭を防ぐためのには、いくつかの方法をご紹介します。
口臭を防ぐための方法
口臭予防は現代人のマナーです。
薬局には口臭を消す商品がところせましと並べられていて、コンビニに行けば口臭を防ぐタブレットがたくさん売られています。
でも、実は口臭の原因になっているのは歯周病が多いのです。
つまり、歯周ポケットにたまったプラークや歯肉から出る膿が悪臭のもと。
歯周病を予防すれば口臭の予防にもつながるというわけです。
まずは正しい歯磨きを心掛けることから始め、定期的に歯科検診を受けるよう心がけましょう。
▲ページトップへ戻る
入れ歯が合わない時の対処法
合わない入れ歯をしていると、食事中に痛みを感じたり、入れ歯によって口の中に傷ができるなどの問題が起こる可能性があります。
我慢してそのままにしていると、口の中の粘膜が傷付き、口内炎が常にできているような状態になります。
さらに入れ歯のかみ合わせも良くない場合は、その傷がさらに刺激され悪化する場合もあります。
その他にも部分入れ歯など、まだ健康な歯が残っている状態で入れ歯をしている場合、入れ歯が合っていないことが原因で、健康な 歯に大きな負担がかかり、痛みを感じる場合があります。
その痛みを我慢して合わない入れ歯を放置していると、
健康な歯を痛めてしまい、 最悪の場合にはその歯を失う
可能性もあります。
一人一人処置方法も変わってきますので、合わない入れ歯を
されている方は できるだけ早く当院へご相談下さい。
▲ページトップへ戻る
歯の痛み応急処置法
突然の歯の痛みにすぐに歯医者に行けない場合の対処法をお教えします。

まず口内を清潔にすること。食べかすなどはもちろん、口内の衛生状態を改善させることが第一です。
お湯ですすぐと痛みを和らげ つつきれいにすることができます。
温めた後、冷やすのも応急処置としては効果的です。
ただし、冷やすのは直接ではなく、冷水を含ませたタオルなどで外から冷やします。
これだけの作業を行うだけでもかなり歯の痛みに効果をもたらすことができます。
その上で市販の鎮痛薬を使用すればその場の痛み に耐えやすくなるでしょう。
なんといっても患部に刺激を与えないことが重要です。
飲食の際にも患部に触れないよう、注意する必要があります。
かなり痛みがひどい虫歯の場合には氷を口に含むという方法もあります。
痛くて我慢できない場合には氷や、氷水を口に含むと一時的に痛みが和らぐ場合があります。
ただし、軽い痛みの場合はかえって痛みが増してしまうこともあるので注意が必要です。

このように応急処置方法としてはいくつかございます。
ただし、このような処置で痛みがおさまったとしても、あくまでもその場しのぎで虫歯が治ったわけではありませんので、早急に治療を 行いましょう。
▲ページトップへ戻る
歯の噛み合わせについて
噛み合わせに問題があると体に様々な悪い影響をもたらします。
例えば頭蓋骨やアゴから肩にかけての筋肉に余計な力がかかり、 首周辺に集まっている大事な神経を圧迫します。
もしかしたら、あなたの長年の肩こりは噛み合わせが原因かもしれないのです。

噛み合わせの悪い場合の原因はいろいろと考えられますが、最も影響を受けやすいのが、“歯並びが悪い”ことに尽きます。
他にも “抜く必要性のある親知らずを抜いていない” “柔らかい食べ物ばかりを好んで食べている”などの理由から(少しずつ)いつの間にか 噛み合わせが悪くなるということもあるのです。
さらに、頬杖(ほおづえ)やうつ伏せ寝などある一定方向からかかる力も噛み合わせに影響を与えます。
最悪な場合、歯だけではなく顔が歪んでしまったり、体にも不調をきたしたりします。
噛み合わせが悪いと起こる可能性のある症状
噛み合わせチェック
▲ページトップへ戻る
歯の色について(歯を白くしたい)
歯が黄ばんでいると他人への印象を悪くしてしまうこともあります。また歯の黄ばみを他人に見られたくないがために笑顔が不自然に なってしまったり、自身をなくしてしまうことはありませんか。
歯の黄ばみは歯に付着してしまった汚れが原因となっています。
歯垢やタバコのヤニはもちろんのこと紅茶、コーヒー、赤ワインなど 普段何気なく口にするものによっても歯は徐々に黄ばんでいってしまいます。
また年齢を増すたびに歯はどうしても黄ばんでしまうも のなのです。
もちろん本格的にホワイトニングをするのであれば歯科医院でしか実現されないものも多くあります。
しかし意外と知られていない 自宅で簡単に歯を白くする方法がたくさんあります。
また歯の黄ばみや汚れを放置していくことで様々な歯の病気を引き起こすことに もなりかねません。
ここでは歯を白くするためのいくつかの方法をご紹介します。
歯を白くするための方法
▲ページトップへ戻る